世上无难事 只怕有心人 ~東京から北京へ~

東京大学教養学部で国際関係論を学ぶ4年生。2016年9月から2017年6月まで北京大学に交換留学。

最初の数日

 北京に着いてから5日が経った。到着当初の慌ただしさが去り、ようやくブログを書く気分になったので、しっかり書いていく。まずはこの5日で起こったことを整理しよう(読者のためではなく自分のためにである。自分のためと言い聞かせて書かないと、誇張や虚飾が混じりかねない)。留学に来てから出会った人々については、長くなりそうなので次のブログで書こう。そして文章だけでは(自分が)つまらないので次回から写真(自撮り含む)をしっかり載せよう。

 

北京大学(以下、北大。北海道大学ではなく北京大学)に到着。部屋がきれい!
 出国手続きに3時間かかってすっかり気持ちの萎えたボクは、北京首都空港のゲートを出ても、海外に降り立った時にいつも感じるはずのワクワク感を一切感じなかった。出国前日に書いた決意表明ブログのおかげで浮足立たずに気落ちが引き締まっているというのもあるかもしれない。空港からバスに乗って1時間足らずですぐに到着。「中関新園 Grobal Village」という学生村の4号楼に、10101番という好立地なな部屋を与えられた。中関新園のメインストリートから丸見えの部屋なので、風呂あがりに全裸で歩いていると公然わいせつになりかねない。この部屋がわりときれいで広い。大きな机とタンス、ベッドが備え付けられていて、(取調室みたいに殺風景な)リビングルームと、トイレ・シャワーが隣の部屋との共有スペースになっている。ここなら一年間快適に生活できそうだ。

 

・中国語が聞き取れない喋れない
 中関新園の受付のおばちゃんの中国語を聞いた瞬間、「ああどうして自分はこんな語学力で中国に来てしまったのだろう」と後悔した(Global Villageの従業員は英語が話せない。全然Globalじゃない)。薄々わかっていたのだが、ボクは圧倒的に中国語の練習が足りない。前の学期もその前の学期も中国語の授業をとっていないし、自主的に勉強することもほとんどなかった。お恥ずかしい話だ。留学をなめていたとしか考えられない。でもモチベーションが湧かなかったので放置してしまったのだ。でも後悔先に立たず、その分こっちにきてからコツコツ勉強している。動き出しが遅すぎるのは語学に限らないけれど、ある意味これが自分のスタイルだ。1ヶ月で周りに追いつきたい!

 

・ご飯がまずい
 一番ショックだったのがご飯。毎食まずいというわけではないのだが、2回ほどすごくまずいものを食べてしまった。西南門を出たところの食堂の揚州炒飯は今までに見たことないくらいのベチャベチャ具合。さらに醤油と間違えて黒酢をかけてしまうという不始末を重ねてしまった。学内の食堂Hollywoodは、チャージした学生証をタッチして支払う方式になっている。学生証を手に入れるのに3日かかってようやくありついた炸酱面の不味さといったら言葉では言い表せない(それ以来食堂は使っていない)。今のところ、アメリカの留学生たちと食べにいった81元のピザが一番おいしい(単に値段の問題か)。2年の夏に行った南京のサマースクールは、食生活が充実していて楽しかったな…。北京のポテンシャルを信じてこれからに期待しよう。

 

・大学の諸手続き
 交換留学生の諸手続きがけっこう煩雑だったがなんとか一通り終わった。ここで書くべきは健康診断。学内でやるのかと思ったが、大型バスに乗らされゾロゾロと病院に押しかけて行き、抜群の手抜き具合で裁かれた(眼科検診3秒で終わったw)。こういう諸手続きでも、列に並んでる学生に話しかけたりして友達ができるのが、海外のいいところだ。日本だと見知らぬ人にはあまり話しかけないよね…。

 

・色々不便だけど一人暮らしは楽しいな
 色々不便があるせいで、「北京っていい街!」という気分にはまだなれていない。VPNに対する政府の規制が強くなっているみたいで、LINEやFacebookやGooogleにつなげるのは2日に1回くらいだ(それくらいの方が異国感があっていいけど笑)。二束三文で買ったスマホは予想以上にホントに「使えねー」やつだった。不便はいっぱいあるけれど、始まった一人暮らしはすごく快適だ。実はこれが初めての一人暮らしだ。もともと一人でいることが苦にならないどころか好きな人間なので、自分の時間を自由に設計できるのはたまらなく楽しい。様々な留学生と関わることができているおかげでもあるが、孤独感は全く感じていない。自分の生活を見なおすいい機会だ。これまでは「自分に優しく他人に優しい」生活をしてきたが、留学中は少し「自分に厳しい」生活をしてみようと思う。


明日は中国語のテスト…。最後の審判を前にした盗人の気分だ。乏しい知識で必死に足掻いてこよう。